武蔵野インプラント研究会は2018年に発足し、2020年3月に公益社団法人 日本口腔インプラント学会の指定研修施設に認定されました。

2021年受講生募集(定員10名)

武蔵野インプラント研究会には、公益社団法人日本口腔インプラント学会指導医3名、専門医10名 、専修医3名を始め、会員は約35名が在籍しております。当研究会の認定講習会は国内外の実績のある数種類のインプラントメーカーの講義・実習があります。なぜなら、インプラントの成功率を高め難症例にも対応するには、技術的な事はもちろんインプラントの選択も重要となりますから、当研究会の認定講習会は両方にフォーカスを当てて行います。また、昨年からのコロナ禍を鑑み講義は主にZOOMで行い、模型実習は一つのテーブルに一人定員も10名までとしました。 また、模型実習は東京都心部、オペ見学は世田谷区烏山と通うのに非常に便利です。 これからインプラントを始めようとする先生はもちろんインプラントの治療レベルを 引き上げたい先生、専修医、専門医を目指す先生はご参加をお待ちしております。

講義会場

4月11日、6月6日、8月22日、10月17日、翌2月20日、3月13日は「中野サンプラザ」の研修室を使用する予定ですが、その他の講義は原則として「ZOOM」による講義となります。また、研修室での講義も新型コロナの感染者数によりZOOMで行うことがあります。これは直前に判断します。

MENU
PAGE TOP